カラコンのDk値とは?

カラコンのDk値とは?

Dk値とは、そのコンタクトレンズがどれくらい酸素を通すかのを示す値です。つまりカラコンのレンズが、どれくらいの酸素を通すかということです。酸素透過率とも言います。これはレンズの素材によって変わってきますが最近のカラコンはそれも高い酸素透過率を実現していますので、特に気にする必要はないかもしれません。

そもそも、酸素透過率が目に危険があるほど低い場合は厚生労働省の認可がおりないので販売されることはありません。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。